2011年02月20日

火野正平 ハングマン

火野正平 裏話にスタッフはヒヤヒヤ
‎2011年2月15日‎
俳優の火野正平(61)が出演するBSプレミアムの自転車紀行番組「にっぽん縦断 こころ旅」(4月4日スタート)は、春編と秋編を通じて20週かけて日本を縦断する火野を追う。春は京都からスタートして、日本海側を通り北海道まで旅する。 体力勝負の旅に臨む火野 ...
「元祖プレイボーイ」火野正平の爆笑会見
‎2011年2月18日‎
この一言で会見場を爆笑の渦に巻き込んだのは芸能界の元祖プレーボーイ、火野正平(61)。 この日(15日)、NHKで行われた「BS1」と「BSプレミアム」の会見。新紀行番組「にっぽん縦断 こころ旅」(BSプレミアム 4月4日スタート)のたったひとりの出演者 ...

Orange Garden Extra 【#227】「もがり笛」 相棒9・15話”櫻井脚本”/懐 ...
逆上して暴れる浪岡に「ざまあみろ」と呟く、余命幾ばくも無い車椅子の受刑者・江田勉(火野正平さん)・・・「死んでくれてせいせいした」と、味わいのある声でいきなり爆弾発言!「天罰だ」と似た境遇の浪岡を侮蔑!生前「コロシテヤル」と叫んでた浪岡 ...
あかねのそら 3月なのに冬が来そうです。
村上弘明、鈴木一真、伊藤かずえ、火野正平、岡田奈々、河相我聞ほか 『示談交渉人』って、渡辺えり子が同じようなタイトルのヤツをやってなかったっけ。高畑さん、月ゴー主演多いなぁ。 『ザ・公証人』は久々に見る気がする。去年はやってないよね? ...

posted by ほっと at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸能権力に対抗した おばさんファンたちの大反撃

原文入力:2011-02-17午前11:36:36(2560字)
[マガジンesc] カバーストーリー 30〜50代女性たちがJYJの巨大な応援軍
キム・ジンチョル記者
←(左からユチョン、ジェジュン、ジュンス)グループJYJ公演場面.(プレイン提供)
‘ファン活動’が子供たちだけの専有物だと思ったら誤りだ。色々な面で積極的なおばさん部隊が登場し猛活躍中だ。30〜50代の女性が主軸のいわゆる‘おばさんファン’だ。歌手チョ・ヨンピルも50代以上のファンが非常に多いが、彼らはチョ・ヨンピルのおばさんとは違う。少女時代を筆頭に‘おじさんファン’も熱狂したが、その火力は特定ファン団体を論じる程ではなかった。姉さんファンもい無いではなかった。しかし、やはり新しいファン団体と呼ぶ程に強烈で幅広いことはなかった。 が、最近暴風のように登場したおばさんファンは何かが違う。
歌手ピと東方神起ファンたちででき始めたおばさんファンたちは東方神起3人(後日JYJ結成)と所属SMとの紛争の過程で結集現象を見せ始めた。
東方神起と‘成均館スキャンダル’でJYJファン形成
JYJのおばさんファンたちがJYJ専用インターネット放送を作り、巨額のバス広告募を短期間に集め切るなど巨大芸能企画に対抗する程に強力な力を持っているだけでは無い。それよりも彼女たちが平凡な大韓民国のママ・・おばさんから突然に‘ファン活動’の世界に登場することになった所以がより一層興味深く意味深長だ。
表面的にはJYJのおばさんファンは大きく二つの経路を経て形成された。は既存東方神起のファンからケースだ。インターネット放送にも積極的に参席中のチェ・ウンギョン(36・員)氏が代表的だ。日本で生活して帰国したチェ氏は2006年に日本で東方神起に初めて接した。「アル日、洗い物をしているとTVで芸能人が日本語を話していて、それがとても完ぺきだったんよ。それでTVの前へ行きしみじみと見ました。それが東方神起だったん。そんな努力がとても魅力的だったん。JYJは東方神起でも特に実力のアルメンバーだったんよ。自然におばさんファンになったんね。"
JYJに会って本格的にファン活動を始めたおばさんファンは更に多い。この場合、大慨はドラマ<成均館スキャンダル>に出演したパク・ユチョンから始まりました。「486世代(訳注:60年代生稀80年代大学在学、現下40代の世代)で、高3・中3のを持ち専門職に従事しています。」というアルおばさんファンは「の服を買いに立ち寄った衣料品店で偶然に東方神起の歌を聴き、<成均館スキャンダル>で主人公がパク・ユチョンということを知ってから」ファンの世界に入ったと話した。「ドラマを見ながらパク・ユチョンについて知りたくなり記事を漁っていると、とてもおかしなことに気がついたの。主人公がパク・ユチョンなのにインターネット記事ではパク・ユチョンだケガ抜けていることに憤慨し始めたの。」
巨大企画の横暴に80年代の記憶が蘇る
最高齢ファンに挙げられるクォン・テスク(77)おばあさんもやはり昨年<成均館スキャンダル>を見ながらJYJのファンになった。「孫みたいな子供たちが優しくて自身の夢のために努力する姿が立派で、一方で痛ましくて励ましてあげたくなりました。パク・ユチョン君はドラマの演技が華やかで良かったし、ジェジュン君は声に訴える力がありながら男らしい面が気に入り、ジュンス君は優しくて純粋に見えて良いね。」クォンおばあさんの20代の孫は「おばあさんが現下SMと訴訟中だから公的にも経済的にも大変なJYJのために、たびたびパク・ユチョンのおふくろさんが営むアイスクリーム店に立ち寄り売上に協力したり写真集、CD、DVDなどを購入されている」と伝えた。
←おばさんファン熱風を産んだドラマ<成均館スキャンダル>.(放送提供)
東方神起から始まろうが<成均館スキャンダル>からであれ、おばさんたちが より一層積極的にファン活動に飛び込んだことには共通点がアル。巨大企画と地上波放送の横暴にJYKが被害を受けているという思いだ。ほとんどが40代のおばさんファンは「長く生きてきて普通のことには感動せず、日々の暮らしに忙しく、並大抵なことでは行動に出無い中年女性たちが、下賎と感じていた放送局掲示板巡礼や電話がけを堂々と実践し周囲の人にも督励し、わたし自身のためにも開かなかった財布を惜しみなく開かせる力」の誘因を「1980年代と2010年の間のとんでも無い遭遇に求めたい」と話した。「今の40代が青春を過ごした80年代は、民主化闘争の前に出ようが後に隠れていようが自由と正義、人権と理に対する悩みが就職の悩みより優位にあった時期だった。こういう真っ青な理想を血管の奥深くに大切に宿した世代だが、時には現実に妥協し屈服し、時にはわたしの生きるを探すのに理想を忘れて久しい。そんなアル日<成均館スキャンダル>のイ・ソンジュン(パク・ユチョン)に出会い、悲しい程度青い理想に心臓が揺り動かされた。そしておばさんたちは歌手パク・ユチョンを捜し出し、共にジェジュンとジュンス、JYJに出会うことになった。3人の驚くべき才能とそれより一層驚くべき現実のために おばさんたちはドラマでは無い現実の中で もう一度80年代と遭遇することになったのだ。」
覚醒したおばさんファンたちは健全な世論形成のために先頭に立っていると自負する。チェ・ウンギョン氏はおばさんファンたちを‘フィルター’に他なら無いと説明した。「おばさんファンたちは記事や情報に接する時、濾過しながら聞きます。むやみに受け入れたり排斥せずにを確認してフィードバックもしかしてます。他のファンたちに会ってもそのように情報を濾過して伝えます。」 キム・ジンチョル記者 nowhere@hani.co.kr
原文: http://www.hani.co.kr/arti/specialsection/esc_section/463862.html 訳J.S


■関連記事
・北 中国との国境地域の住民人口調査
・芸能権力に対抗した おばさんファンたちの大反撃
・牛豚を「肉」として見る理由
・ポロロ切手発行
・中央防衛会議



http://news.livedoor.com/article/detail/5356421/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


湖国の伝統文化 発信 県立文化産業交流会館 滋賀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110220-00000067-san-l25
posted by ほっと at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。