2011年09月04日

土嚢工法

県北西部で大雨 浸水・土砂崩れ
‎2011年9月1日‎
地元の消防団員らが川岸に土嚢(どのう)を積むなど警戒を続けた。 川沿いに住む女性は「雨戸を開けたら、畑が池のようになっていた」。坂本和雄・榛沢自治会長は「付近は標高が低く、雨が強まるならば住民の避難も考えなければ」と話していた。 土砂崩れは本庄市や小鹿野 ...
豪雨から1カ月 被災地・三条は
‎2011年8月28日‎
土砂崩れを防ぐために道路脇に積まれた土嚢(ど・のう)が目に入るが、目立つのが道路両脇の水田から伸びる、青々と茂った稲だった。28世帯、約100人が暮らす葎谷(もぐらだに)集落だ。 物置3棟が土砂に押しつぶされたほか、山から流れ出た水で床下5件、床上1件 ...

花の癒し日記:土嚢マン
救世主…っていてるんですね(*_*) 茉莉花(お店)を心配して 白馬に乗った王子様が 土嚢を積みに来てくれました(笑) 雨に濡れても、嫌な顔ひとつせずに、シートもガムテープも貼ってくれました。 まだまだ水位が上がりそうなので、とっても心配 ...

posted by ほっと at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。